50万借りる方法と即日融資の仕組み

MENU

50万借りる方法と即日融資の仕組み

50万借りる方法と即日融資の仕組み

なぜスピーディな融資が実現できるのか

申し込んだ当日中に、早ければ1時間程度の即日で50万円を借りることが出来るカードローンですが、それだけのスピーディさを持てている理由は「信用確認の仕組み」にあります。まず、50万円を借りることを希望している申込者に対して、各社独自の基準で審査項目をチェックするシステムがあり、そこで第一段階目の審査が行われます。と言っても、これは「申し込み内容をそのまま入力していく」と言った程度の作業で、申込者がパソコンやスマートフォン・自動契約機を利用していればその情報がそのまま、電話申し込みであればオペレータがそれぞれの項目をシステムに入力していくと言った形で、言ってしまえばカードローン会社側で行うことは何一つないと言っても過言ではありません。入力された情報に基づき第一段階の審査を行うのは機械です。

予め定められているスコアリング基準に則って申し込み内容を評価し、最終的に50万円には達しなくとも「貸せるお金がある」となった場合には人的審査が行われます。良くある「事前審査」と言うシステムはこれを模しているもので、定められている基準に対して申込者の基本的な情報(属性)が達しているかどうかを評価してくれるものです。予め事前審査を受けて契約の可能性があるとなれば、本審査でも可決される可能性があります。ただ、事前審査はあくまでも基本的な申し込み条件のみで行うものであるため、より詳細な情報で評価される本審査では否決されてしまうということもあります。

また、事前審査では契約出来ない(50万円を借りることが出来ない)と評価されたとしても、本審査で50万円の枠が決定する可能性ももちろんあります。確率的に言えばそれほど高くはないですが、いずれの状況であっても可能性がゼロと言うことはそうそうありません。機械的な審査に関しては、「年収100万円なら1点、200万円なら2点」と言った具合で評価されていきます。年収以外にも勤続年数や連絡先種類(携帯電話・固定電話)などの項目でスコアリングされます。

評価にはプラス評価もあればマイナス評価もあります。具体的に何点なら50万円を借りることが出来るのかは定かではありませんが、まずはここで貸せるお金があると評価されなければ始まりません。その後、機会が出した評価を人間がチェックし、利用限度額の最終決定や契約するかどうかの決定を行います。「在籍確認」があればほぼ契約出来る状態だと言うことになるので、ある意味では安心できる指針と言えるでしょう。

 

50万円を借りる為の条件とは

さて、それでは具体的に50万円を「即日借りる方法」について紹介していきます。50万円だからこうなるとか、必ずしもこの条件のみで結果が決すると言う訳では無く、それぞれが置かれている状況によって臨機応変な結果が出ます。そもそもの審査基準が各社ごとに異なっているということもあり、1社目では契約出来なかったが2社目では契約することが出来たと言う状況も起こり得ます。また、契約出来た時の利用限度額の設定も独自の基準で判断されるため、50万円の枠が付与されることもあれば5万円しかもらえない可能性もあります。

まず、50万円の上限金額が設定される条件として、総量規制の対象となるカードローンを利用する場合には「年収150万円以上」が基準になります。総量規制では年収の1/3を超える借り入れが出来なくなっているため、必然的に必要な年収が決まってきます。総量規制対象外のカードローンであれば具体的な制限はありませんが、現状ではほぼ同じような基準を基本に上限金額が設定されることが多くなっています。ただし、明確な基準が無い総量規制対象外カードローンであれば、審査の内容や本人の状況次第では1/3を超える金額を借りられる可能性もある為、年収に自信が無い人や割合的に大きくなってしまう場合にはこちらを優先すると良いでしょう。

総量規制対象のカードローンにおいて、最低でも年収が150万円以上必要になるとは書きましたが、150万円あれば希望金額を借りられると言う訳では無いので注意しましょう。あくまでも可能性が生まれる基準額と言うだけの話であり、本人の状況次第では150万円で希望額が達成できる場合もあれば1000万円でも達成できない可能性があります。基本的に1000万円の年収があれば設定される上限金額も100万円を超える可能性が高いのですが、逆に考えると「それだけの年収がありながら借入れが必要な状況にある人物」と言うことで危険視される可能性もあります。

ただ、基本的には年収が多いほど融資が決定しやすく、また希望する金額を借りやすくなると言うことは間違いありません。この条件に関してですが、銀行系・消費者金融系でも比較的大きな違いがありますし、消費者金融系の中でも更に難易度が大きく変わる状況もあります。必要性が高い状況で申し込みをするのであれば、より可能性が高い方法を選択して利用することが大切です。